講座一覧   

ひので和紙の体験ワークショップ9

赤ちゃんが生まれたら「手漉きで命名紙作り」

 


 
赤ちゃんが生まれたら最初のお祝い事は「お七夜」です。生後7日目に親戚一同揃って、健やかな成長を祈願する行事です。この時に赤ちゃんの名前を披露する「命名式」も行います。
 
これから新しい家族の一員となる赤ちゃんのためにも、命名紙はぜひ手漉きで作りたいですね。形に捉われなければ、命名紙に赤ちゃんの手形や足型を入れても記念になります。
 
神棚がなくても、赤ちゃんの枕元に飾ったり、額装して壁にかけてもいいですね。
 
また、この手漉き命名紙はその子が成人式を迎える時に、ぜひサプライズでプレゼントしてください。きっと喜んでくれるはずです。
 
ここで作る命名紙は、色紙のサイズになりますが、ご希望のサイズで作ることもできます。その場合はご相談ください。
お問い合わせフォーム
 

参加人数
  2名1組
料金(税込)
  大人6,000円(2名1組での料金。1名でも同料金)
  ※別途、持ち帰り用干し板2枚分 400円
所要時間
  1時間程度
作品
  夫婦で1枚ずつ作成(予備含め合計2枚作成)。
持参するもの
  手を拭くためのハンドタオル
オプション
  「コウゾ原料作り体験」もお申し込みいただけます
  詳しくはこちら→

服装
  動きやすい履物
  多少水がはねてもよい服装
  またはエプロン持参

送迎
  武蔵五日市駅から7名まで送迎いたします。先着順
  それ以上はタクシー利用


  圏央道日の出インターより15分程度
  お車で来られると周辺でランチや温泉なども楽しめます
  駐車場あり
 
ご予約
  専用のフォームからお好きな日時をご予約ください
  専用のご予約フォームはこちら→

 
  よくある質問・FAQ >

   講座一覧