〈現代の生活スタイルにあった新しいKAMISUKI〉

新しい門出にふさわしく、まっさらな手漉き和紙で気持ちもあらたに!


 


 
「結婚証明書」

挙式で使う結婚証明書は市販のものではなく、手漉きで作ってみませんか? 一生に一度のことだから。お二人の想いを漉き込んで。
詳しくはこちら→
 


 
 「紙婚式」

結婚1周年の“紙”婚式では、紙製品のプレゼントもいいですが、ここは一歩踏み込んで紙の原料作りから紙漉きまでの体験はいかがでしょうか? コウゾの木から繊維を取り出す原料作りから始めて、紙漉きは「和紙あかり」や「ブックカバー」などを作ったり、お好きなワークショップを選べます。
詳しくはこちら→
 


 
 「命名紙」

赤ちゃんが生まれたら、命名紙はぜひ手漉きで作りたいですね。その子が成人式を迎える時のサプライズ・プレゼントに。
詳しくはこちら→
 

想いを込めて「手漉きで結婚証明書作り」

 


 
結婚式当日、教会式や人前式などでサインをする結婚証明書を手漉きで作りませんか? 初めての方でも大丈夫。予備を含めて2枚漉きます。
 
手漉きの結婚証明書は挙式の演出にも使えますが、それよりも二人のための結婚証明書です。ここはやはり手漉きで作りたいですね。市販のものではなく、手漉きで作ると二人の想いが込もります。一生に一度の大切な思い出になる結婚証明書は、ぜひ手漉きで作りましょう。
 
10年後、20年後、折に触れて見直すと、手漉きにしてよかったと思うはずです。
 
紙のサイズは色紙(約27.5×24.5cm)の大きさになります。別のサイズの和紙を漉きたい方はご相談ください。
式場でご用意された結婚証明書でも台紙におさまれば差し替え可能です。
お問い合わせフォーム
 
「誓いの言葉」はネットで検索するといろいろと参考になるものも見つかります。
 

参加人数
  2名1組で10組まで
料金(税込)
  大人6,000円(2名1組での料金。1名でも同料金)
  ※別途、持ち帰り用干し板2枚分 400円
所要時間
  1時間程度
作品
  新郎新婦で1枚ずつ作成(予備含め合計2枚作成)。
持参するもの
  手を拭くためのハンドタオル
オプション
  「コウゾ原料作り体験」も
  お申し込みいただけます
  詳しくはこちら→
服装
  動きやすい履物
  多少水がはねてもよい服装
  またはエプロン持参
送迎
  武蔵五日市駅から7名まで送迎いたします。
  それ以上はタクシー利用。
ご予約
  お好きな日時をご予約ください
  ご予約はこちら→

   

1周年記念の紙婚式は「コウゾ原料作りとお好きな紙漉き」

 


 
結婚50周年は金婚式ですが、最初の1周年目は“紙”婚式です。ちなみに2周年目は綿婚式。3周年目は革婚式。毎年素材の名前がつけられているのですね。
 
白紙でスタートする紙婚式ですから、やはり、まっさらな紙は自分で漉きたいものです。しかもコウゾの原料作りから始めて紙漉きをし、乾いた紙を自分ではがす。これ以上にまっさらな紙はありません。
 
乾いた紙をはがす瞬間は感動ものです。
 
紙婚式は、ふつう紙製品のプレゼントをしあうのかもしれませんが、原料作りから始める紙漉きは、この紙婚式にこそトライしてほしい体験です。
 
 

お申し込みされた方には、当日手漉きハガキをプレゼントいたします。
当日お二人を撮影し、その写真を手漉きハガキにプリントしてお渡しします。

 
 
このワークショップは、下記の中からお好きな紙漉きを選べます。
 

 
全体の流れ

  • コウゾ畑見学
  • コウゾを白皮にする
  • コウゾを叩いて細かい繊維(紙の原料)にする
  • お好きな紙漉きを体験

 

 その他、紙婚式にはこの講座ではなく、次のようなプログラムも好評です。オプションで原料作りも可能です。
「ランチ+紙漉き+温泉」東京都心から日帰り小旅行
「雅楽+紙漉き+里山ランチ」笙の響きとランチを楽しむ
申し込みの際、メッセージ欄に「紙婚式で申し込み」とご記入いただければ、上記の写真手漉きハガキをプレゼントいたします。

 

 

参加人数
  2名1組で10組まで
料金(税込)
  大人10,000円(2名1組での料金)
  ※別途、持ち帰り用干し板2枚分 400円(和紙あかりは別料金なし)
所要時間
  2時間程度
作品
  ワークショップにより異なる
持参するもの
  手を拭くためのハンドタオル
内容
  「コウゾ原料作り」と「お好きな紙漉き」

服装
  動きやすい履物
  多少水がはねてもよい服装
  またはエプロン持参
送迎
  武蔵五日市駅から7名まで送迎いたします。
  それ以上はタクシー利用。
ご予約
  お好きな日時をご予約ください
  ご予約はこちら→

 

   

赤ちゃんが生まれたら「手漉きで命名紙作り」

 


 
赤ちゃんが生まれたら最初のお祝い事は「お七夜」です。生後7日目に親戚一同揃って、健やかな成長を祈願する行事です。この時に赤ちゃんの名前を披露する「命名式」も行います。
 
これから新しい家族の一員となる赤ちゃんのためにも、命名紙はぜひ手漉きで作りたいですね。形に捉われなければ、命名紙に赤ちゃんの手形や足型を入れても記念になります。
 
神棚がなくても、赤ちゃんの枕元に飾ったり、額装して壁にかけてもいいですね。
 
また、この手漉き命名紙はその子が成人式を迎える時に、ぜひサプライズでプレゼントしてください。きっと喜んでくれるはずです。
 
ここで作る命名紙は、色紙のサイズになりますが、ご希望のサイズで作ることもできます。その場合はご相談ください。
お問い合わせフォーム
 

参加人数
  2名1組で10組まで
料金(税込)
  大人6,000円(2名1組での料金。1名でも同料金)
  ※別途、持ち帰り用干し板2枚分 400円
所要時間
  1時間程度
作品
  夫婦で1枚ずつ作成(予備含め合計2枚作成)。
持参するもの
  手を拭くためのハンドタオル
オプション
  「コウゾ原料作り体験」も
  お申し込みいただけます
  詳しくはこちら→

服装
  動きやすい履物
  多少水がはねてもよい服装
  またはエプロン持参
送迎
  武蔵五日市駅から7名まで送迎いたします。
  それ以上はタクシー利用。
ご予約
  お好きな日時をご予約ください
  ご予約はこちら→

   

ワークショップの申し込み方法

  •  
  1. 携帯(スマホ)の方はご注意ください。
    info@hinodewashi.tokyoのアドレスが受信できるよう設定をお願いします。
    送信直後に、
    返信メールをこちらから自動送信いたします。
    届かない場合、アドレスが正しくないか、受信拒否の設定をしている可能性があります。またはゴミ箱に入っていることもあります。
  2. 後ほど、振込先をこちらからお知らせいたします。
  3. 入金確認後の受付となります。