里山暮らし講座
繕いながら暮らす。「一閑張りと里山ランチ

ひので 和紙 東京 紙漉き 日帰り 体験





日本古来の暮らしぶりにひそむ知恵と技(わざ)を学び、現代の暮らしに生かす里山暮らし講座。今回は、 和紙を張って柿渋を塗るという 一閑張り(いっかんばり)ワークショップと酒粕を使った里山ランチを楽しんでいただきます。


一閑張りは柿渋を塗ることで防水・防腐・防虫効果が高まり、カゴ自体も丈夫になるというもの。穴があいたらそこだけ和紙を張って修復したり、いっそのこと全部はがしてやりなおしたりする、昔ながらの優れたリユース法です。里山暮らしは、モノを消費するのではなく繕いながら暮らす生き方。


里山ランチは 野菜中心のおかずとあたたかい粕汁。そしてスイーツは酒粕レーズンとりんごのコンポートです。 食と手業(てわざ)の一日を豊かな自然の中でゆっくりとお楽しみください。


たまたま当日はバレンタインデーなので、おやつにさつまいものトリュフを作ったり、また オプションとしてつるつる温泉に疲れた体を癒しに行くこともできます。




当日は一閑張りにしたいものを1点ご持参ください。
なお当日は、柿渋・のりを購入していただくこともできます。







内容
10:00~ 12:00  一閑張り(和紙をちぎって張る・乾燥)
12:30~13:30 里山ランチ
13:30~14:00  一閑張り(柿渋を塗る・乾燥)
14:00~15:00  さつまいものトリュフ作りと ティータイム


◯武蔵五日市駅からタクシーに分乗。一人片道300〜400円程度。
オプションのつるつる温泉は タクシー利用。温泉から 武蔵五日市駅はバス利用可。
つるつる温泉 で夕食可。お土産売り場あり。





一閑張りについて詳しくはこちら →  カゴに和紙を貼って柿渋を塗る「一閑張り教室&通信講座」開催!
ひので和紙について詳しくはこちら  →  http://hinodewashi.tokyo/index.html
つるつる温泉 について詳しくはこちら  →  http://www.gws.ne.jp/home/onsen/








「繕いながら暮らす。「一閑張りと里山ランチ」
参加費:5,000円
日 時: 2月14日(土) 10:00~15:00
場 所:ひので和紙
定 員 :10名
持ち物:一閑張りにしたいもの・動きやすい履物





ご予約方法
このイベントのご予約は「問い合わせフォーム」よりお願いします。
問い合わせ欄に、タイトル「2.14一閑張り 」とし、 人数とアクセス方法(車or電車)をお知らせください。
後ほど、振込先をこちらからお知らせいたします。
入金確認後の受付となります。
問い合わせフォーム →  問い合わせ・ご予約