event
「五市マルシェ」初出店!
 

 
 
ひので和紙オリジナルの手漉き和紙ZAKKAと“和紙すくい”体験
 
 
 
これまでの和紙屋さんでは見られないような、オリジナルの手漉き和紙ZAKKAを作ってみました!
 
テレワークの方へデスク周りの癒しグッズやふわふわ和紙のマスクケースなど、どれもスタッフが「こんなのあったら欲しい!」と思うものをこのマルシェのために制作いたしました。
 
「自分が使いたい!」だから贅沢にわがままをつめ込んで、一点一点丁寧に手漉きしています。そのため同じものはできないのです。ビミョーに違います。ムラがあったり、厚さが違ったり、紙の端がギザギザだったりしますが、それを面白がってくれる人はきっといるはず。と信じています。
 
残念なのは、ネット上でこの手触りのよさが伝わらないことです。とても紙とは思えないこの心地よさ!本当に気持ちいいんです!ぜひ触りに来てください。
 
日時 2020年10月17日(土)11:00~16:00
   (雨天は翌日に順延。
   ひので和紙は順延いたしません。
   中止となります)
会場 武蔵五日市駅前ロータリー沿い
 
 
マルシェのために制作した和紙ZAKKA
 

「和紙袋ふわふわ」
手触りが最高に心地よいふわふわの和紙袋は、予備のマスク入れとしてバッグに忍ばせておくと、ちょっとイラついた時などに触るだけでなごみますよ。
 
 

 
「手漉き和紙フレーク」
自宅で仕事をする方のための“デスク周りに癒しを”シリーズ。カラフルな丸型の手漉き和紙は、モビールにして窓辺やパソコンサイドに置いておくと気分がやわらいで、いくらかでもストレス減少に役立てるかもしれません。ミニサイズの和紙フレークはイヤリングにする人もいます。ひらひらしてかわいいです。
 
 

「和紙のお皿」
“デスク周りに癒しを”シリーズ。ちょっとした小物入れに使える和紙のお皿(トレー)です。3つくらい並べて、なにか置いておくと絵になります。でも何をおきましょうか?おやつのクッキーやひとくちチョコとか、イヤリングや指輪とか?お店をされている方はディスプレイとして使われる方もいらっしゃいます。このお皿を実際に作る紙漉き体験「和紙すくい」もあります。
 
 

 
「手漉きギフトタグ」
プレゼントをラッピングしたら、ひとこと「いつもありがとう!」などのメッセージをこのタグに書いて贈ると、より気持ちが伝わります。手漉きタグの形は、ウサギ・ハート・ネコ・葉っぱ・小鳥の5種類です。
 
 

 
「手漉きブックカバー」
“デスク周りに癒しを”シリーズ。文庫サイズのブックカバーです。これも手触最高りの心地よさをぜひ感じてほしい。普通の紙は冬の寒い日に触ると冷たいですが、このブックカバー は暖かいんですよ。デザインはいろいろあります。すべて一点ものです。
 
 

 
「ポチ袋・ご祝儀袋」
すべて手漉きで作っています。ヒモも手漉きで漉いた和紙を細く切ってコヨリにしています。そこまでしなくてもいいのにと思いつつ‥。ついやってしまう。これはあまりにも凝りすぎたため、再度作るのはたいへんです。この仕様は在庫限りになります。
 
 

◯紙漉き体験
金魚すくいならぬ「和紙すくい」。あくを取る網のようなもので紙漉きをします。網のまま持ち帰って、乾燥したら「和紙のお皿」の完成です。販売しているものと同じものができます。